こはる の つぶやき | 日常をつぶやいています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by こはる on  | 

中学の校歌を思い出す



嗚呼、緑濃き故郷の
野山を渡るそよ風は
ここに育む若人の
健やかな肩に
呼び掛けるよ


聡明と意志を
瞳にたたえて
よく生きよ
大曲中学、大曲中学の若人よ


4構成で、男子、女子のソロあり。
全部歌うと10分以上かかるよね。


ちなみに女子ソロ部分
人類は無数の言葉をもつゆえに
他の生き物にまさるが
人類を人類たらしめた最初の言葉を
あまり確かには知っていない
なぜなら それはこの耳にとらえるには
あまりにも大きすぎる言葉だからだ

よく生きよ


実は、これ書いてるだけでも、なんだか目がうるうるしてきちゃう…。
好きなんだなー。この校歌。
スポンサーサイト
Category : もぷろぐ
Posted by こはる on  | 2 comments 

-2 Comments

harropage says...""
 初めて知りました。
 全歌詞やコーラスの音源も見つかる四部構成の校歌なんて他にはないでしょうね。
 深すぎて分からない歌詞が中学校の時にすり込まれて後になって利いてくるように思います。
 「よく生きよ よく生きよ」、いやぁ、ただただ生きているだけ、と省みてしまいます。
2010.06.12 05:00 | URL | #9bqbzmTY [edit]
こはる says...""
音楽が好きではない人にとっては、校歌の練習時間はつらかったでしょうけれども。
あの時期に覚えたのって、ずーーっと頭に残っているんですよねぇ。

2010.06.14 10:36 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。