こはる の つぶやき | 日常をつぶやいています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by こはる on  | 

本当の事

炉心溶融
爆発
放射能漏れ

政府は本当のことを、日本国民に公表すべき。
本当に大丈夫?
日に日に悪化しているようにしか見えない。
なぜ注水をやめるのよ?
なぜ海外からの救いの手を断るの?
もう手が付けられないじゃない?
日本が発表する事と、
海外メディアが報じていることは全然違う。
日本が吹っ飛ぶ日は近い?

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110324-OYT1T00217.htm?from=y10

スポンサーサイト

Category : 考えてること
Posted by こはる on  | 4 comments 

-4 Comments

harropage says...""
 糸井重里氏のダーリンコラムで、英国の専門家の影響評価が紹介されていました。
http://www.1101.com/darling_column/2011-03-17.html
 「比較的悪い場合(1個の原子炉の完全メルトダウンとそれに基づく放射性爆発の場合)、避難エリアの30キロは人の健康の安全を守るために十分な距離でしょう。もっと最悪な状況でも、(2個以上の原子炉がメルトダウンする場合)1つの原子炉のメルトダウンのときと比べ、被害にさほど変わりはないでしょう。」
 「チェルノブイリとは全く別な状況です。チェルノブイリの場合、原子炉が完全メルトダウンし、手を付けられずに何週間も燃え続けた。チェルノブイリでさえ、30キロの距離に避難ゾーンができていたら、十分に人の健康を守ることはできたでしょう。チェルノブイリの場合、事件から何年も後まで、現地の食料や水に含まれた放射線量は一切モニタリングされなかった。危険性についての情報も全く知らせなかったせいで、汚された食品、麦、牛乳や水などを食べ続けた現地の人々が病気になった。事実が隠されたチェルノブイリの事件とくらべ、今回の非常に開かれた福島の事件は、その意味でも大きく異なるでしょう。」
 とのことでした。

 天下りの東京電力と監視機構としての機能が怪しい安全院、特に最初段階での不信感がぬぐえきれないのは、同じ気持ちです。放射能の解説も専門すぎて難しく理解できませんし、唐突に離れたところで検出されるのも、風や雨の影響と言われても納得できません。
 小さな子どもがいる方は、本当に心配でしょう。

 でも、消防や現地で残って作業を続ける人々を見ていると、「神は乗り越えられる試練しか与えない」と信じて見守るしかありません。
 といいながら、津波被害を見ると乗り越えられる試練以上ではないかと、正直思っていました。しかし、今日帰ってきた知人の「現地の人々のたくましさ」「支援に行ったつもりが、逆に助けられる場面もありました」という言葉に復興を確信することができました。
http://blogs.yahoo.co.jp/sanks2000/60378399.html
 最後は自分での判断になると思いますが、<視点をかえる>ことも、必要かもしれません。
 長文、ご容赦ください。
2011.03.24 19:41 | URL | #9bqbzmTY [edit]
こはる says...""
本当に。

安全です。の一点張りに、
本当にそうなの??と。

総理大臣は、現地視察を雨が降ったのでやめてしまうし。
(結局ルースさんに先を越されたしhttp://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011032300888)
蓮舫大臣は、買占めはやめましょう。とテレビで言っているだけ。

事務所の女子トーク(最も重要な議会)でも、
妊婦と小さい子供がいる家族がまず、疎開するべきだ。とか
水とか海水じゃなく、雪とか氷とか温度が下がる物質とかを、原子炉に投入すればいいとか、
官僚は、りっぱな防災服を着ているが、
現地で命を懸けて働く人達には、長靴も支給されずに被ばくする。
とか
いろいろ文句はあるのですが、
結局のところ
あまり心配せずに、自分のできる事から始めるしかないんですよね。

岩手県の小学校の避難所では、
新学期が始まるのに、ランドセルもカバンも文房具もない。
というので、取りまとめ先に、いくつか置いてくるつもりです。
2011.03.25 09:16 | URL | #- [edit]
harropage says..."<視点が変わりました>"
 残念ながら今日の朝日新聞を見て、また<視点が変わりました>。
http://harropage.blog39.fc2.com/blog-entry-7035.html

 広島や長崎の被曝と比べて、まだましなのかどうかも分かりません。

 秋田は地震、津波、放射能、いずれも甚大な影響がない地域になので冷静な判断をして対処したいと思いつつ、冷静ではいられません。
2011.03.25 11:40 | URL | #9bqbzmTY [edit]
こはる says...""
本当の事は何なの??という疑問です。
安全なのかそうでないかと問われれば、安全ではないのではないのか。
黒ではなくグレーなのか。
黒もグレーも似たようなのか。
白に戻れるのか。
多分誰にもわからないね。

電源確保して制御室の明りが点いたって、
中の現状はどうなっているんだか、
国民に公表できないじゃない。

レベルも上がるかもしれないし。
政府のお偉いさんは、会議ばかりしてないで、見に行きなさいよ。
見たら考えが変わるから。
そして緊急事態宣言をしたらいいと思いますよ。

これから始まる、長い長い復興の道。
2011.03.25 15:06 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。