こはる の つぶやき | 日常をつぶやいています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by こはる on  | 

構える時、左手親指を銀杏に置く重要性について

構える時、左手親指を銀杏に置く重要性について。

ラケットを右に持っている場合ですが。

ちゃんと意味があったんですね。

左手親指を銀杏に置く = 右手の甲を上にしている = 地面と水平

ステップ → 軸足を決める → ラケットを引く → インパクト → フィニッシュ

の工程で、ラケットを引く時に自然に手首を返す形になる。

すると腰の回転と連動していて、腰のひねりも自然についていく形になる。

振り切ると、ボールに回転がかかる。

ネット際、ライン際で入って行く。

という構図です。


これを構えるのに地面と垂直にしてしまうと、

手首を返さないので、棒のようになってしまう。

腰も回転しない。

ミスにつながり、打ち合えない。打つのが怖い。

振り切らないで加減して打つからアウトやネット。

ますます悪循環。


あくまでも、うちの子の場合ですから、参考にはならないかもしれませんが、

基本のき。大事なんだと再確認でした。

ポチッとお願いします。↓↓
にほんブログ村 テニスブログ ソフトテニスへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Category : tennis
Posted by こはる on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。