こはる の つぶやき | 日常をつぶやいています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by こはる on  | 

3.11

数日前から、
なぜか普段買いもしないカップラーメンをまとめ買いをした。
前日には、日配品、生鮮食品もたんまり買い込んでいた。
あー、買い込んじゃったなー。
数日は買い物いらないなー。などと思っていた。
お風呂も、いつもは私が上がるときに掃除をするので
栓を抜いてしまうのだが、
前日に私が最後ではなかったため、お湯が残っていた。
これでトイレを流す水を確保した。

3時から休憩に入るお客様へ電話をしようと書類を準備していた。
そこで地震。
まもなく停電。
そして、パソコンが動かないと仕事にならない私たちは帰途へ。

中学の卒業式の前日で。
当時中2だった娘は、体育館での作業中だったらしい。
その夕方は、当時高1だった息子のPTA役員会で、
主人はとりあえず学校へ向かった。
でも、電気は復旧せず、延期となった。

電気はなくても、ガスと水道(キッチンの水道のみ上水道なので出た)があったので、
普通にガスでご飯を炊いて食事をしていた。
3日間は、ちゃんとご飯が食べられるぐらい食材はある。
4日目からはインスタントと乾物を駆使する覚悟でいた。
幸い冷凍庫には保冷剤や氷枕も冷やしていたので、
電気は入らなくても冷蔵庫の役目を果たしてくれていた。

やはりご飯をガスで炊いている人は少ないんだろうか…。
行く先々で喜ばれた。。
別家では車のシガーライターで携帯を充電させてもらう。
ここいらへんは、ワンセグが入らないので、
事態は呑み込めていなかった。

夜は、懐中電灯、石油ストーブ、結婚式の時の大きなローソク、キャンプ道具のランタンなどを駆使。
居間に布団を敷き、いつでも逃げられるように、ジャンパーを着て寝た。
次の日は土曜日。
息子は休みだったが、娘は弁当持参とある。
とりあえず弁当を詰めて持たせる。
そして朝食が終わってからもご飯を炊いて、おにぎりを作り親戚を回って歩いた。

電気が復旧してからテレビに映し出されたショッキングな映像。
まるで原爆が落ちたかのように何もなくなっている住宅地。
そして溜まっていた洗濯を一気にやり、家中に干した。
その後も混乱は続いた。
ガソリンと灯油の確保や、日用品の不足問題。

あの日以来、
3.11関連のニュースが流れない日はなかった。
そして今なお、問題が山積み。
今日はテレビ各局、
3.11の事しかやっていないといっても過言ではないですね。
でも、そんなに綺麗事ではないはず。
もっともっと精神的にも肉体的にも
表現できない言葉にできない
ダメージだったと思うんだよ。
再現ドラマなど、実際に被害に遭った人から見れば
陳腐だろうとさえ思う。
でも、
次につなげていくために必要なんだろうな。

日本が、世界が、平和な世の中になりますように。

スポンサーサイト

Category : 考えてること
Posted by こはる on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。